ダイコーサービス 行政書士関口事務所。業務案内です。

はじめに

◆自動車手続きのプロショップ
自動車に関する事はなんでも当事務所へご相談下さい。車庫証明や名義変更などの面倒な手続きから、新車・中古車の販売、商談代行まで何でも承ります。
最近では自動車の入手方法も様々になっており、地元の販売店ではなく首都圏の業者様から通信販売で購入したり、ネットオークションをはじめ個人売買による購入も増えています。どんな方法で売買するにしても名義変更などの手続きをスムーズに済ませておかなければなりません。売主も買主も後々面倒なトラブルにならないためにも確実に手続きを済ませておきたいですよね。
相談は無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。


※以下、主なお手続きをご紹介いたします。。

自動車保管場所証明申請・軽自動車保管場所届出

自動車保管場所証明申請(車庫証明)
区・市・町に住所を定めている個人・法人名義で自動車を登録する場合、自動車保管場所証明申請(車庫証明申請)が必要となります。新車・中古車を購入した時、引越し等で住所が変わった時等、各管轄の警察署に申請します。交付までの日数は各警察署によって異なりますが、申請してから平均で4日前後です。証明書の有効期限は交付日から1ヶ月ですので、陸運事務所での登録日を考慮して申請する必要がございます。

必要書類
○自動車保管場所証明申請書または委任状
(4枚綴りの複写式用紙に申請者の署名・押印(ミトメ印可))
○自認書(委任状申請の場合は不要)
(自動車の保管場所となる土地の名義が申請者名と同一の場合)
○保管場所使用承諾証明書または賃貸契約書コピー
(自動車の保管場所となる土地の名義が申請者名とは別の場合)
 ※賃貸契約書の場合、契約者、契約期間(期間切れの場合には自動更新の文言)、駐車場地番など、必要事項が明記されている事が条件となります。
○所在図・配置図
○車検証の写し(中古車での申請の場合)
○下取り(代替)車の車検証の写し(※1)
○下取り(代替)車の標章番号(※2)
○その他(※3)

※1 現在のところ全地域で必須というわけではありませんがご用意できる場合はなるべく添付してください。
※2 現地調査が不要になり、交付日までの日数を短縮出来る場合があります。(実際には機能しておりません)
※3 法人申請で申請者住所と使用の本拠が異なる場合には所在証明の写し等が必要になります。
※3 アパート・借家等で承諾書が不動産事務所の場合、大家(地主)さんの委任状が必要になります。


手続きの流れ
自宅から2km以内に駐車場を確保
 ↓
必要書類を揃えて保管場所の住所を管轄する警察署窓口へ申請
 ↓
約1週間後、警察署窓口で交付・受取
(すべての手続きを当事務所へお任せ頂く事が可能です)



軽自動車保管場所届出
届出制度の適用市が使用の本拠地となる個人・法人が軽自動車を登録した場合、軽自動車保管場所届出をする必要があります。現在長野県内では長野市・松本市・上田市・飯田市が届出制度適用市となっています。
原則として、軽自動車〔新車、中古車〕を購入された方は直ちに車庫の新規届出 。軽自動車の車庫を変更された方は15日以内に車庫の変更届出。 軽自動車を持って、転入された方は15日以内に車庫の新規届出又は変更届出 をする必要があります。

必要書類
○軽自動車保管場所届出書または委任状
○自認書(委任状申請の場合は不要)又は保管場所使用承諾証明書
○軽自動車検査証の写し
○所在図・配置図


手続きの流れ
自宅から半径2km以内の場所に駐車場を確保します
 ↓
必要書類を用意して保管場所の住所を管轄する警察署窓口へ届出
 ↓
手続き完了

ステッカーを車に貼りましょう
(すべての手続きを当事務所にお任せ頂く事が可能です)

普通車登録業務

移転登録(名義変更)
自動車検査証(車検証)の所有者が変わる時に行う登録です。

必要書類
○旧所有者の印鑑証明書・譲渡証明書・委任状
○新所有者の印鑑証明書・委任状
○自動車保管場所証明書
○自動車検査証(車検証)
○その他

※旧所有者の住所及び氏名・名称が車検証に記載されているものと異なる場合は住民票や戸籍の附票等が必要になります。
※新使用者が新所有者と異なる場合は、新使用者の印鑑証明書(又は住民票)・委任状も必要となります。
※移転登録によりナンバーの管轄が変わる場合、または番号変更も同時に行う場合は登録時に自動車を陸運支局に持ち込み封印を行う必要があります。 
※車種や年式によっては自動車取得税がかかります。
注:事前に用意すべき書類のみを案内しています。OCRシート・検査登録印紙・自動車税・自動車取得税申告書・施封通知書等、支局窓口または当事務所で用意出来る書類については記載していません。


変更登録
所有者(使用者)の住所・氏名若しくは名称・使用の本拠の位置などが変わった時に行う登録です。

必要書類
○委任状
○原因を証する書面。(#1)
○自動車保管場所証明書
○自動車検査証
○その他
#1 所有者(使用者)の住所・氏名若しくは名称の場合は住民票・戸籍謄(抄)本又は登記簿謄(抄)本等

※変更登録によりナンバーの管轄が変わる場合、または番号変更も同時に行う場合は登録時に自動車を陸運支局に持ち込む必要があります。
※車種や年式によっては自動車取得税がかかります。
注:事前に用意すべき書類のみを案内しています。OCRシート・検査登録印紙・自動車税・自動車取得税申告書・施封通知書等、支局窓口または当事務所で用意出来る書類については記載していません。


一時抹消登録
自動車の使用を一時的にやめた時に行う登録です。

必要書類
○所有者の印鑑証明書・委任状
○自動車検査証
○自動車登録番号票(ナンバープレート)
○その他

※所有者の住所・氏名等に変更がある場合は同時に変更登録も必要になります。
※所有者の死亡による抹消登録はその取り扱いが異なります。
注:事前に用意すべき書類のみを案内しています。OCRシート・検査登録印紙・自動車税・自動車取得税申告書・施封通知書等、支局窓口または当事務所で用意出来る書類については記載していません。


永久抹消登録
自動車の使用を完全にやめた時に行う登録です。
車検有効期間が1ヶ月以上残っている場合、自動車税還付申請を同時に行えます。

必要書類
○所有者の印鑑証明書・委任状
○自動車検査証
○自動車登録番号票(ナンバープレート)
○その他(移動報告番号・解体報告日など)

※所有者の住所・氏名等に変更がある場合は同時に変更登録も必要になります。
※所有者の死亡による抹消登録はその取り扱いが異なります。
※永久抹消につきましては、対象車輌の車検証をお手元にご用意頂いた上で、なるべくお電話にて登録形態や必要書類をご確認下さい。
注:事前に用意すべき書類のみを案内しています。OCRシート・検査登録印紙・自動車税・自動車取得税申告書・施封通知書等、支局窓口または当事務所で用意出来る書類については記載していません。


自動車検査証再交付申請
自動車検査証を汚損・き損・紛失した時に行う申請です。

必要書類
○使用者の委任状
○自動車検査証(汚損・き損の場合)
○自動車検査証紛失理由書(紛失した場合)


注:事前に用意すべき書類のみを案内しています。OCRシート・検査登録印紙・自動車税・自動車取得税申告書・施封通知書等、支局窓口または当事務所で用意出来る書類については記載していません。


自動車登録番号標交付申請
自動車登録番号標(ナンバー)を汚損・き損・紛失した時に行う登録です。

必要書類
○所有者の委任状
○自動車登録番号標(汚損・き損の場合)
○紛失理由書(紛失の場合)
○自動車検査証

※紛失の場合
1枚紛失・・・使用者の紛失理由書
2枚紛失・・・所有者・使用者連名の紛失理由書

※番号変更等に伴い封印の取付が必要となる場合は自動車の提示が必要です。
※希望ナンバーを付けたい場合は事前に希望ナンバー予約手続が必要です。

注:事前に用意すべき書類のみを案内しています。OCRシート・検査登録印紙・自動車税・自動車取得税申告書・施封通知書等、支局窓口または当事務所で用意出来る書類については記載していません。


相続による移転登録・抹消登録
自動車検査証(車検証)の所有者が死亡した場合の移転登録は通常の移転登録と必要書類が異なります。

協議して相続の場合必要となる書類
○被相続人(亡くなった方)の戸籍謄本(※1)
○印鑑証明書(代表して相続される方のもの)
○委任状(代表して相続される方のみ)
○遺産分割協議書(相続人全員の署名・実印の押印)
○自動車保管場所証明書(※2)
○自動車検査証(車検証)
○その他

※1 相続人が誰なのかを知るために必要です
※2 相続によって新しく所有者となる人が被相続人(亡くなった方)と相違した住所で自動車を使用する場合は必要です

共同で相続する場合必要となる書類
○被相続人(亡くなった方)の戸籍謄本(※1)
○印鑑証明書(未成年者以外全員分)
○委任状(※2)
○自動車保管場所証明書(※3)
○自動車検査証(車検証)
○その他

※1 相続人が誰なのかを知るために必要です
※2 成人の相続人全員分、未成年者の場合は親権者が署名・実印の押印を付け足します
※3 相続によって新しく所有者となる人が被相続人(亡くなった方)と相違した住所で自動車を使用する場合は必要です。
※移転登録によりナンバーの管轄が変わる場合、または番号変更も同時に行う場合は登録時に自動車を陸運支局に持ち込み封印を行う必要があります。

所有者が死亡したので廃車する場合の必要書類
上記の方法で移転登録した後、相続人の名義で抹消登録します。相続移転と同時に抹消する場合は追加で必要となる書類はありません。後日抹消登録する場合は所有者の印鑑証明書・委任状・自動車検査証・ナンバープレートが必要になります。

自動車が滅失・解体し再び使用しない場合の必要書類
解体日・移動報告番号・戸籍謄本(相続関係のわかるもの)・相続権利者1名の印鑑証明及び委任状があれば相続移転を省略して抹消出来ます。

注:事前に用意すべき書類のみを案内しています。OCRシート・検査登録印紙・自動車税・自動車取得税申告書・施封通知書等、支局窓口または当事務所で用意出来る書類については記載していません。


字光式自動車番号標(光るナンバー)について
移転登録・変更登録又は自動車番号標交付申請に伴って字光式自動車番号登録標(光るナンバー)を取り付けます。
それぞれの申請に必要な手続きのほかに、「透過式番号灯装置取付け届」が必要です。

※番号変更等に伴い封印の取付が必要となる場合は自動車の提示が必要です。

注:事前に用意すべき書類のみを案内しています。OCRシート・検査登録印紙・自動車税・自動車取得税申告書・施封通知書等、支局窓口または当事務所で用意出来る書類については記載していません。


希望番号について
移転登録・変更登録又は自動車番号標交付申請に伴って希望番号を取り付けます。
それぞれの申請に必要な手続きの他、事前に「希望番号予約手続き」が必要です。

※番号変更等に伴い封印の取付が必要となる場合は自動車の提示が必要です。

希望番号に関する詳細は下記をご覧下さい。
希望番号申し込みサービスサイト

注:事前に用意すべき書類のみを案内しています。OCRシート・検査登録印紙・自動車税・自動車取得税申告書・施封通知書等、支局窓口または当事務所で用意出来る書類については記載していません


軽自動車登録

記載事項変更
売買によって所有者または使用者が変わった場合。引越しなどにより使用者の住所(使用の本拠の位置)が変わった場合。など、車検証の内容に変更がある場合に行うのがこの手続きです。

必要書類
○自動車検査証記入申請書(OCRシート第1号又は専用2号様式)
  この用紙には新・旧所有者と新使用者の押印(※1)が必要です
○自動車検査証
○使用者の住所を証する書面
  印鑑証明・住民票などで発行後3ヶ月以内のものが有効
○軽自動車税申告書
  使用者が変わる時は「廃車申告書(黄色い用紙)」(※2)
  使用者が変わらない時は「変更申告書(白い用紙)」(※3)
○車両番号標(ナンバープレート)(※4)
○申請依頼書
  この用紙に新・旧所有者と新使用者の押印があればOCRシートへの押印は不要です

※1 個人の場合は認印、法人の場合は代表者印
※2 所有者・使用者の押印が必要
※3 使用者の押印が必要
※4 管轄が変わる場合のみ必要

手続きの流れ
必要書類を揃えて管轄の事務所・支所へ
 ↓
新しい車検証・ナンバープレート等が交付され手続完了
(すべての手続きを当事務所にお任せ頂く事が可能です)


軽自動車検査証返納(廃車手続き)
軽自動車を廃車または使用を一時中止する場合に行うのがこの手続きです。全く使っていない軽自動車でもこの手続きをしておかないと毎年4月1日現在の使用者(所有者)に自動車税が課税されます。

必要書類
○自動車検査証返納証明書(返納届)交付申請書
  OCRシート第4号様式に使用者・所有者の押印が必要(※1)
○自動車検査証
○車両番号標(ナンバープレート)(※2)
○軽自動車税廃車申告書
  所有者・使用者の押印が必要(※1)

※1 個人の場合は認印、法人の場合は代表者印
※2 紛失の場合は「車両番号標未処分理由書」を提出
   (使用者の署名・押印が必要)

手続きの流れ
必要書類を揃えて管轄の事務所・支所へ申請
(すべての手続きを当事務所にお任せ頂く事が可能です)


軽自動車検査証再交付
自動車検査証(車検証)を汚損・き損・紛失などした場合に行う手続きです。

必要書類
○自動車検査証記入申請書(OCRシート第3号様式)
  使用者の押印(個人は認印・法人は代表者印)が必要
○自動車検査証
  汚損・き損で提出できる場合

手続きの流れ
必要書類を揃えて管轄の事務所・支所へ申請
 ↓
新しい車検証が交付されます

失くさないよう注意しましょう
(すべての手続きを当事務所にお任せ頂く事が可能です)


軽自動車番号変更
車両番号標(ナンバープレート)のみを変更する場合の手続きです。軽自動車も希望番号制度がスタートしています。希望番号を付けたい場合は事前に予約手続きが必要です。

必要書類
○自動車検査証記入申請書(OCRシート第3号様式)
  使用者・所有者の押印が必要
○自動車検査証
○車両番号標(ナンバープレート)
○軽自動車税変更申告書(白い用紙)
  使用者の押印が必要

手続きの流れ
必要書類を揃えて管轄の事務所・支所へ申請
 ↓
新しい車検証・ナンバープレートが交付される
 ↓
自動車にナンバープレートを正しく取り付けましょう
(すべての手続きを当事務所にお任せ頂く事が可能です)


字光式ナンバープレートに付いて(光るナンバー)
軽自動車も字光式車両番号標(光るナンバー)を取り付ける事が出来ます。字光式ナンバープレートホルダーの取付が必要となります。必要書類は「番号変更」を参照してください。

手続きの流れ
必要書類を揃えて管轄の事務所・支所へ申請
 ↓
字光式ナンバープレートホルダーを購入・取付
 ↓
新しい車検証・ナンバープレートが交付される
 ↓
自動車にナンバープレートを正しく取り付けましょう
(すべての手続きを当事務所にお任せ頂く事が可能です)



↑ PAGE TOP